峯モトタカオ氏:ハンドパンの旅と癒しの音楽

峯モトタカオ氏:ハンドパンの旅と癒しの音楽

序章:情熱から生まれた音楽の道 広島県出身の峯モトタカオ氏は、独自の音楽の旅を経て、ハンドパン奏者としてのキャリアを築きました。彼の音楽の旅は2015年、日本のハンドパンメーカーSONOBEの魅力的な音色に出会い、その道を歩み始めたことから始まります。 世界を巡る:旅と音楽の融合 2016年、彼は会社を辞め、ハンドパンを手に、約1年間にわたり13ヶ国を旅しました。この期間中、彼はストリートパフォーマンスを行いながら、ノルウェー、台湾、タイなどのミュージックフェスティバルにも出演しました。 音楽作品:ヒーリングの世界への招待...
Yatao Handpan:ハンドパンDuoの音楽旅

Yatao Handpan:ハンドパンDuoの音楽旅

2014年の夏、Alex氏とMalte氏はYataoとして音楽の旅を始めました。数年間の友情の歴史と共に、彼らの音楽プロジェクトも着実に成長しました。Yataoの音楽は、主にハンドパンを用いて瞑想的で感性豊かなサウンドを紡ぎ出しています。彼らのコンサートでは、観客が心ゆくまで夢に耽れるリラックスした雰囲気を演出することを心がけています。 ユニークな音楽スタイルの確立 オーストラリア出身のSam...
有名なハンドパンYouTube動画、ハンドパン 奏者のご紹介

有名なハンドパンYouTube動画、
ハンドパン 奏者のご紹介

ハンドパン 奏者と使用するスケール ハンドパンは近年ますます注目を集める打楽器であり、その独自の魅力が多くのリスナーを引き寄せています。この記事では、有名なハンドパンアーティストやYouTube動画を紹介し、彼らが使用するスケールについても詳しく掘り下げていきます。これらの情報を元に、ご自身のハンドパン演奏に新たな視点を加えてみてください。 1. Hang Massive (ダニー・カッド氏とマーカス・ヨハンソン氏) 2011年以降、Hang...
Sam Maher氏: “New York”曲を演奏したHandpan奏者

Sam Maher氏: “New York”曲を演奏したHandpan奏者

Sam Maher氏:ハンドパン奏者の革新的なアプローチ Sam Maher氏は、西オーストラリア州フリーマントルを拠点とするドラマー兼パーカッショニストで、ハンドパンでの独自の演奏スタイルで知られています。以前はパースの新進気鋭のDIYシーンで活躍し、現在の音楽シーンで名高いアーティストを輩出していました。 ハンドパンとの出会いと旅 2014年に初めてハンドパンを手に入れた後、Sam...