有名なハンドパンYouTube動画、
ハンドパン 奏者のご紹介

ハンドパン 奏者と使用するスケール

ハンドパンは近年ますます注目を集める打楽器であり、その独自の魅力が多くのリスナーを引き寄せています。この記事では、ハンドパン奏者がどのようなスケールを用いて自分ならではの音楽を奏でているかをご紹介します。また、有名なハンドパン奏者たちのプロフィールや使用するスケールについても詳しく掘り下げていきます。これらの情報を元に、ご自身のハンドパン演奏に新たな視点を加えてみてください。

1. Hang Massive (ダニー・カッドとマーカス・ヨハンソン)

2011年以降、Hang Massiveはグローバルなハンドパン音楽シーンを牽引してきました。夢幻的なアコースティックサウンドとアップビートなエレクトロニックサウンドを融合させた彼らの独特のスタイルは、世界中の観客を魅了しています。

  • 楽曲「Once Again」で使用したスケール:「Integral」D Minor: D (A, Bb, C, D, E, F, A)

2. Yuki Koshimoto

頻繁にバイラル動画となる「Spaceship Earth」で知られるハンドパン奏者。世界を旅するストリートパフォーマーでもあります。

  • 楽曲「Spaceship Earth」で使用したスケール:C4 (C#4, D4, Eb4, E4, F4, F#4, G4, G#4, A4, Bb4, B4, C5)

3. Daniel Waples (ダニエル・ワプルズ)

ハンドパンの先駆者であり、最も認知度の高い演奏者の一人。彼の独自のスタイルは独学で築かれ、多くの人々に技術と作曲の哲学をインスパイアしています。

  • 楽曲「SOLO HANG DRUM IN A TUNNEL」で使用したスケール:D Minor: D ( A, C, D, E, F, G, A, Bb)

4. Yatao (マルテ・マルテン)

ハンドパンデュオ「Yatao」の一員として知名度を上げ、その後ソロ活動も展開。瞑想的で心地よい音楽で、彼女の素直でポジティブな雰囲気は観客に温かく迎えられます。

  • 楽曲「Mono Desire」で使用したスケール:C# Annaziska Custom: C#( G#, A, B, C#, D#, F, F#, G#)

5. Sam Maher (サム・マハー)

西オーストラリア州フリマントル出身のサム・マハーは、ハンドパンの演奏家であり作曲家です。彼女の独特のスタイルは、アコースティックのハンドパンとエレクトロニックビートの組み合わせによって表現されます。

  • 楽曲「New York」で話題となり、多くのファンを獲得しました。
  • 楽曲「New York」で使用したスケール:C# Minor / C# Annaziska: C#( G#, A, B, C#, D#, E, F#, G#)

Sam Maherに関する詳しい情報は、こちらの記事をお読みください。詳しくはこちらをクリックしてください

BONUS

6. 峯モトタカオ

日本のハンドパン演奏家である峯モトタカオは、独自の表現方法で世界中のリスナーを引き込んでいます。自然とのつながりを感じさせる和やかなメロディが特徴で、リラクゼーションや瞑想のサポートに適しています。ハンドパンのイベントやワークショップにも積極的に参加しています。

  • 楽曲「Sky Fish」で使用したスケール:D Major / D Sabye: D (G, A, B, C#, D, E, F#, A)

7. Ryohei Kubota

日本のハンドパン演奏家である久保田亮平は、幅広いジャンルの音楽を取り入れた独特のスタイルを持っています。ダイナミックなリズムと美しいメロディーが魅力で、ハンドパンの可能性を引き出しています。国内外のハンドパンコミュニティとも交流し、音楽を広めています。

  • 楽曲「RISING」で使用したスケール: G Major Custom: G (C, D, E, F#, G, A, B, D)

MASHハンドパンが公式にパートナーシップを結んでいる2人のハンドパン演奏もご紹介します。

8. 立花朝人

立花朝人は、30年にわたる打楽器奏者としてのキャリアを誇り、日本人としてはじめてシルク・ドゥ・ソレイユのドラムオーディションに合格しました。

彼のハンドパン演奏は、優雅でありながら感動的で、時折激しいサウンドも交え、聴く人を引き込んでいます。また、彼はギタリストの伊藤智美と共に、ハンドパンとアコースティックギターのユニット「MIO –美音」を結成しています。このユニットは、その世界的にも珍しい組み合わせにより、独自のサウンドを生み出しています。

9. 流花 – LUKA

愛知県出身のドラマー・ハンドパン奏者である流花–LUKAは、彼女の華奢な体躯からは予想できないほど、パワフルでダイナミックなドラミングが特徴です。彼女のハンドパン演奏は美しく繊細な音色であり、次世代を担う若手打楽器奏者として期待されています。

まとめ

今回ご紹介したハンドパン奏者たちの情報をぜひ参考に、彼らの演奏スタイルや使用するスケールを学んでみてください。彼らの音楽は、ハンドパン愛好家たちにインスピレーションを与え、更なる発展を促進しています。これからも新たなハンドパン奏者が続々登場することに期待が寄せられます。ハンドパンの魅力は広がり続けており、その魅力を伝えるために、我々も様々な奏者たちを支援し続けます。各アーティストが使用するスケールを参考に、ご自身のハンドパン演奏に新しいアプローチを試してみてください。

同じテーマの記事

ハンドパン スチールパン 違い

ハンドパン スチールパン 違い

打楽器はさまざまなサイズ、形状、形態、および素材で製造されています。本記事では、金属製で音程構成が類似した2つの特定の楽器、ハンドパンとスチールパンに焦点を当てます。これらの楽器の違いは明白であり、指摘する価値があります。...