ハンドパン スチールパン 違い

打楽器は様々なサイズ、形状、形態、素材で製造されています。本記事では、金属製で音程構成が類似した2つの特定の楽器、ハンドパンとスチールパンに焦点を当てます。これらの楽器には明確な違いがあり、指摘する価値があります。

ハンドパンとスチールパンの主な違いは以下の通りです。。

  • ハンドパンは凸状で小型、一方スチールパンは凹状で大型。
  • ハンドパンは音域が狭く、倍音が少ない。対照的に、スチールパンは広い音域と豊かな倍音を持つ。
  • スチールパンはスティックで演奏されるが、ハンドパンは手で演奏される。

これからは、ハンドパンとスチールパンの背景について詳しく見ていきましょう。

ハンドパンとスチールパンの背景

近年、音楽の初期から使用されていたものに似たミニマリストの楽器をデザインする傾向があります。さらに、両方の楽器は、ハンドパンがスチールパン製作者によって作成されたという事実を超えて互いに密接に関連しています。それでは、それぞれの歴史について詳しく見ていきましょう。まず、2つのうち最も古いスチールパンから始めましょう。

スチールパンの背景

スチールパン(またはスチールドラム)は、トリニダード・トバゴの文化と遺産を象徴する楽器であり、19世紀後半に始まった歴史的な発展を経ています。イギリス政府がカーニバルを禁止し、スティックとドラムの使用を制限したことが契機となり、トリニダードの人々は異なるサイズの竹の棒で打ち鳴らすタンブーバンブーを作り出しました。

これらのドラムは後にスチール缶などの素材に変わり、1955年までには鋼鉄の油ドラムが基本材料として使用され、より精密なデントが生成されるようになりました。スチールパンは、カリブ海の音楽やカリプソの曲で愛され、その明るくエネルギッシュな音色が特徴です。

ハンドパンの背景

ハンドパンは比較的新しい楽器であり、2001年にスイスのPANArtによって初めて紹介されました。

元々「ハング」と呼ばれていたこの楽器は、スイスのアーティストでスチールパンメーカーのサビナ・シャーラーとフェリックス・ローナーによってデザインされました。政治的な動機はなく、純粋に音楽的な探求心から生まれました。

最初の製造は限られていましたが、多くの人々がハンドパンに興味を抱き、製造プロセスが改善されると、他のメーカーも制作を始め、ハンドパンは世界中で人気を博しました。

ハンドパンとスチールパンの違い

ハンドパンとスチールパンの主な違いは、楽器の形状、サイズ、演奏方法、および音色にあります。ハンドパンは小型で凸状の円盤状で手で演奏され、倍音が少なくリラックスした雰囲気を持っています。

一方、スチールパンは大型で凹状のドラムで、スティックで演奏され、豊かな倍音と広い音域が特徴です。スチールパンはカリブ海音楽に一般的であり、よりエネルギッシュな音楽に適しています。

まとめ

ハンドパンとスチールパンは異なる楽器であり、異なる音楽的な目的と状況で使用されます。スチールパンはカリブ海の音楽やカーニバルで愛され、ハンドパンはリラックスした演奏や瞑想に適しています。どちらも音楽家が表現豊かな音楽を創り出すのに役立つ素晴らしい選択肢であり、どちらが最適かは個々の好みと目的によります。

これらの楽器はそれぞれ独自の個性や特徴を持ち、多くの音楽愛好家に喜ばれることでしょう。ハンドパンやスチールパンを学ぶことで、新たな音楽の領域が広がり、これら特有の楽器が抱える魅力を発見することができます。

最後に、ハンドパンとスチールパンの差異を理解することは、どちらを選ぶべきかを決める際に有益です。どちらも魅力的で、それぞれが独自の音楽的特性を有しています。ハンドパンは穏やかで瞑想的な音楽を好む方に適しており、一方でスチールパンは明るくエネルギッシュな音楽を楽しむ方に最適です。どちらも新しいスキルを身につけ、音楽表現を豊かにするための素晴らしい選択肢となります。

MASH handpanでは、ハンドパンに関してハンドパンの選び方どのスケールを選ぶべきか、さらにはハンドパンの製造方法についての情報が豊富にありますので、ブログをご覧ください。

同じテーマの記事

Yatao Handpan:ハンドパンDuoの音楽旅

Yatao Handpan:ハンドパンDuoの音楽旅

2014年の夏、Alex氏とMalte氏はYataoとして音楽の旅を始めました。数年間の友情の歴史と共に、彼らの音楽プロジェクトも着実に成長しました。Yataoの音楽は、主にハンドパンを用いて瞑想的で感性豊かなサウンドを紡ぎ出しています。彼...