ハンドパンの製作方法:
ハンドパンの作り方

ハンドパンの魅惑的なメロディーに耳を傾けたことはありますか?この記事では、そんな魅力的な楽器がどのようにして作られるのか、その製作の秘密に迫り、独特な音を生み出す技術と芸術性に焦点を当てます。さらに、MASH handpan.のブランドについても詳しく探っていきましょう。

ハンドパンの製作過程

シェルの形成:

ハンドパンは通常、生の鋼、窒化鋼、またはステンレス鋼で作られた2つのドーム状のシェルから構成されます。これらのシェルは手打ち、旋盤、ディープドローン、ハイドロフォームのいずれかの方法で作られます。MASH handpanはハイドロフォームで制作されています。

手打ちシェル: 

  • 手作業または空気圧ハンマーを使って叩くことで、個性的な音と外観が生まれます。

旋盤シェル:

  • 旋盤で金属ディスクを回転させ、バックと呼ばれる道具で金属をシェルの形に加工します。

ディープドローンシェル:

  • カスタム製の金型と工業用プレスを使用して、シェルを数秒で作成し、均一で品質が一貫しています。

ハイドロフォームシェル:

  • Sunpanが開発したこの方法では、水圧を利用してシェルを成形し、ディープドローンに似た結果を得られますが、厚みが若干不均一です。

ノートの作成

ハンドパンの最も難しく時間がかかる部分は、ノートの作成とチューニングです。ハンドパンメーカーの目標は、音の明瞭さ、安定性、音の深さ、顕著なハーモニクスと倍音、豊かな共鳴、およびクロストークの最小化を実現することです。

上部のシェルには中央にディングと呼ばれるノートがあり、周りに6~15+の凹型のノートが円状に配置されています。
下部のシェルには低音のノートを奏でる調整された音孔であるグーがあります。
演奏技法によっては、さまざまなパーカッシブな音も作り出すことができます。

チューニング周波数

ハンドパンはイディオフォンであり、ほとんどの場合、振動によって音を生成します。ほとんどのハンドパンは440Hzにチューニングされていますが、一部は432Hzにチューニングされており、独特の音響体験を提供します。

完璧なハンドパンの選び方

多くのハンドパンの中から最適な楽器を選ぶのは難しいことがあります。以下の要素を考慮して選択しましょう。

  • 素材: 異なる素材で作られたハンドパンの研究や例を聞いて、お好みの音質を持つものを見つけましょう。
  • サイズ: 直径が45-60cmで、持ちやすく演奏しやすいハンドパンを選びましょう。
  • スケール: ハンドパンスケールの魅力と選び方の記事を参考に、演奏スタイルに合ったスケールを選びましょう。
  • 予算: 予算を設定し、その範囲内で品質と職人技を優先したハンドパンを探しましょう。
  • メーカー: ハンドパンメーカーやその評判を調べ、信頼性のある高品質な楽器を見つけましょう。

もっと詳しくは、初めてのハンドパン選びの5つのポイントの記事を参考にしてください。

ハンドパンの魅力に満ちた世界へ

ハンドパンは魅力的で、その製造過程や音色の多様性は音楽愛好家を引き寄せ続けています。細やかな技術と緻密な音作りは、製造に携わる職人の優れた手腕を示し、異なる素材やスケールが独自の特性をもたらします。

ハンドパンの世界を探求する中で、MASH handpanなどの素晴らしいブランドに出会い、さまざまなスキルレベルや演奏スタイルに応じた楽器を見つけることができるでしょう。

初めてのハンドパン選びにおいても、これらのブランドは頼りになります。無限の音楽的可能性が広がるハンドパンの旅に、ぜひ今日から出発しましょう!詳細な情報は、ハンドパンドラムショップで確認し、ハンドパンの奥深い世界をもっと学びましょう。

ハンドパンは、その独特の魅力と美しい音色で人々を魅了し続けています。その製造過程での細かな技術や緻密な音作りは、音楽愛好家にとって魅力的な要素のひとつです。さまざまな素材やスケールが、独自の特性を持つハンドパンを生み出しています。ハンドパンの世界を探求し、MASH handpanなどの優れたブランドと出会い、自分だけのハンドパンを見つけることができるでしょう。

同じテーマの記事

ハンドパン スチールパン 違い

ハンドパン スチールパン 違い

打楽器はさまざまなサイズ、形状、形態、および素材で製造されています。本記事では、金属製で音程構成が類似した2つの特定の楽器、ハンドパンとスチールパンに焦点を当てます。これらの楽器の違いは明白であり、指摘する価値があります。...