ラブドラム ハンドパン 違い:共通点と相違点

音楽愛好家たちの間で、ラブドラム(RAV Vast)やハンドパンなど、魅力的な打楽器が注目を浴びています。ラブドラムはスチール製で、ハンドパンは主にスチールかステンレス製であり、いずれも独特で美しい音色が特徴です。しかし、これらの楽器には実際にはどのような違いがあるのでしょうか。この記事では、ラブドラムとハンドパンの違いについて詳しく解説します。

はじめに:ラブドラムとハンドパンとは

まず、それぞれの楽器について簡単に説明しましょう。

ラブドラム(RAV Vast)は、ロシアの発明家アンドレイ・レイマンニコフによって開発された打楽器です。二つのスチール製のシェルを組み合わせて作られ、音色を出す部分(トーンフィールド)は舌状に切り抜かれています。これらのトーンフィールドは保護用のゴムリムに囲まれ、美しい音色が生まれます。

一方、ハンドパンは、スイスのフェリックス・ローナーとサビナ・シャーラーによって開発された打楽器で、その原型であるハング(Hang®)の後継として広く知られています。ハンドパンも二つのスチール製かステンレス製のシェルを組み合わせて作られますが、音色を出す部分は凹んだ形状にハンマーで叩かれて作られています。

ラブドラムとハンドパンの違い・共通点と相違点について解説

共通点

それでは、ラブドラムとハンドパンの共通点を見ていきましょう。

  • どちらも打楽器で、手で演奏されます。
  • 両楽器ともサイズや重さがほぼ同じです。
  • どちらの楽器も幽玄で美しい響きを持っており、同じスケールで演奏されることがあります。
  • ハンドパン奏者の中には、ラブドラムも所有している人が多く、両楽器は声やディジュリドゥ、カリンバと共に演奏されることがよくあります。

相違点

次に、ラブドラムとハンドパンの相違点を見ていきましょう。

演奏方法と音色

ハンドパン:

 トリニダードのスチールパンに似た音色が特徴で、独特の音色があります。ハンドパンの形状と内部の空洞がヘルムホルツ共鳴を生み出し、軽快でクリアな音質が特徴です。サスティン(持続音)スチール製かステンレス製によりますがラブドラムと比べて短いため、速い演奏や繰り返しのストロークに適しています。また、トーンフィールド以外の部分を叩いても共鳴があり、無限の打楽器としての可能性が広がります。ラブドラムと比べて、低音の調律が難しいため、ハンドパンは比較的高い音域が特徴です。

ラブドラム:

深くて神秘的な響きが特徴で、瞑想的な音色があります。それぞれの舌状のトーンフィールドには4~7個の調律された倍音があり、世界で最も倍音が豊かなスチールドラムです。このため、倍音分離によって音色の変化が楽しめます。舌状のトーンフィールドがつながっており、ハンドパンよりも相互作用が大きく、興味深い音の重ね合わせや響きが可能です。ラブドラムはハンドパンのように演奏することもできますし、マレットを使ってゴングやシンギングボウルのような音を出すこともできます。サスティティン(持続音)が長く、1つのストロークで10~20秒の音が持続します。ラブドラムはハンドパンのように速く打楽器的に演奏することもできますが、中~低速のテンポで複雑な音色が十分に開花するのが特徴です。

MASH handpan. では、ステンレス鋼を使用したハンドパンのみを取り扱っています。お客様のニーズに合ったハンドパンを見つけるために、ハンドパンの選び方に関する情報はこちらのページを参照してください。

コストと入手性

ハンドパン:ハンドパンは、もともとスイスのFelix RohnerとSabina Schärerによって開発されたHang®から派生しています。彼らが2013年に生産を終了した後、他の楽器メーカーが類似の楽器を制作し、それが一般にハンドパンとして知られるようになりました。現在、世界中には多くの優れた製作者が存在し、さまざまなスケールや音色のモデルが提供されています。ハンドパンの購入は選択肢が多岐にわたり、高品質なものは約120,000円から300,000円程度で入手可能です。ほとんどの製作者は非常に長い待ちリストを抱えており、3ヶ月から1年以上待つことが一般的です。中古のハンドパンはメルカリなどのフリマサイトで手に入りますが、状態には注意が必要です。アフターサービスが提供される信頼性のあるブランドをお勧めします。また、オンライン詐欺にも警戒が必要です。

ラブドラム:ラブドラムはAndrey ReymannikovのRAV Labが製造しています。スケールによっては約130,000円から160,000円程度で、通常は数週間から数ヶ月以内に発送されるオーダーメイドの楽器です。

耐久性

ハンドパン:ハンドパンの弱点はその繊細さにあります。直射日光や叩く回数、強さによって一時的に音が狂うことがあり、2~5年に1回のリチューニングが推奨されます。リチューニングの費用はメーカーにより異なります。また、強い叩き方によって音色が損なわれる可能性もあります。

ラブドラム:一方、ラブドラムは非常に頑丈で、強い叩き方にも耐えます。リチューニングが必要ない上、専用のハードケースも利用できますが、ハンドパンとラブドラムのサイズがわずかに異なるため、ケースが両方に適合するとは限りません。

まとめ

最後に、新しい楽器を選ぶ際には慎重に情報を比較し、自分の音楽の追求に合ったものを選ぶことが重要です。MASH handpan.はハンドパンに特化したショップで、様々なスケールやデザインの楽器を提供しています。ショップページやセール情報を確認し、最適な楽器を見つけましょう。

これらの違いを考慮した上で、自分に合った楽器を選ぶことが重要です。ラブドラムとハンドパンを試奏するか、または届いた楽器の音を動画で確認し、それぞれの音色や演奏スタイルを体験することをお勧めします。どちらの楽器も魅力的であり、個々の特性があるため、最適な選択が見つかることでしょう。

同じテーマの記事

ハンドパン スチールパン 違い

ハンドパン スチールパン 違い

打楽器はさまざまなサイズ、形状、形態、および素材で製造されています。本記事では、金属製で音程構成が類似した2つの特定の楽器、ハンドパンとスチールパンに焦点を当てます。これらの楽器の違いは明白であり、指摘する価値があります。...